ドラッグストアの薬の形状について

粉薬、液状など薬の形状は様々ですね

一口に薬といっても、錠剤から粉薬まで様々な形状があります。ここでは、これらの形状の特徴について見ていきたいと思います。 薬の形状で皆さんにとっておなじみのものといえば錠剤ではないでしょうか。錠剤とは、医薬品を一定の形状に圧縮して固めた製剤を指します。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

錠剤は飲みやすくて持ち運びが便利なので、飲む回数が多い場合に最適です。錠剤は圧縮しているため、溶けるまでにかなりの時間がかかります。そのため、時間をかけて少量ずつ体内に吸収させたい場合に適しています。

 

粉薬とは、粉末状の医薬品を指します。粉末状のため、短時間の間にたくさんの量を体内に吸収させることができます。ただし、たいていの粉薬は苦いので飲みにくいという欠点はあります。

 

カプセル剤とは、粉薬や液体の薬をカプセルに入れたものです。錠剤と粉薬の長所をうまく組み合わせたものと言えます。 また、見た目は錠剤ですが、錠剤ではないものとして坐薬が挙げられます。坐薬とは、肛門や膣に挿入し、その中で溶けて効果を発揮する医薬品を指します。坐薬は水ではなく、体温で溶けるように作られています。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

 

これらの他にも、塗り薬や湿布など様々な形態があります。これらは患部に直接塗布するので、経口薬よりも効果の発現が早いです。

 

調剤薬局