ドラッグストアの抗生物質とは

抗生物質とは

抗生物質とは、病気の原因となっている菌を殺すか、または、これ以上菌を増殖させないことによって病気を治療するための薬です。



抗生物質は風邪やインフルエンザの際に頻繁に処方されますがその他にも気管支炎や肺炎など、菌の感染が原因で起こる病気の治療目的で処方されます。



ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。



抗生物質の効き目は絶大ですが、長期にわたって使用すると効き目が悪くなる傾向にあります。





また、下痢などの副作用を伴うことが多いので、整腸剤と一緒に処方されることが一般的です。

薬剤師 転職