ドラッグストアの医薬品の分類についての基礎知識

第一類から第三類について

第一類医薬品とは、副作用のリスクが相当高い医薬品や新規に発売された医薬品を指します。第一類医薬品は薬剤師でなければ販売することができず、また、販売する際に薬剤師は商品の危険性等について、書面で購入者に説明しなければなりません。代表的なものとして、ガスター10・パブロン鼻炎Z・リアップ・ハイガードなどが挙げられます。

 

第二類医薬品とは、比較的副作用のリスクが高い医薬品を指します。第二類医薬品は薬剤師の他に登録販売者も販売することができます。代表的なものとして、風邪薬・妊娠検査薬などが挙げられます。

 

第三類医薬品とは、比較的副作用のリスクが低い医薬品を指します。第三類医薬品は薬剤師の他に登録販売者も販売することができます。

 

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

 

代表的なものとして、うがい薬・ビタミン剤などが挙げられます。
なお、医薬品の通信販売については、登録販売者がいるなどの一定の要件を満たした場合に限り、第三類医薬品についてのみ可能となっています。

 

また、第二類と第三類医薬品は、登録販売者がいればコンビニでも取り扱いが可能になりました。

 

よくわかる調剤薬局のことならこのサイト

やりがいのある薬剤師 求人をお探しなら