ドラッグストアの特許を取得についての基礎知識

特許を取得

特許を取得すると、薬の原料や製造方法等の詳細が登録され、誰もが閲覧することのできる状態になります。

 

申請から20年間はそれを真似すると特許権の侵害となりますが、20年間経過すれば、誰もが真似をしてもよいということになるのです。これを利用して作られた医薬品がジェネリック医薬品なのです。

 

ジェネリック医薬品は特許法によって公開された内容をもとに製造されますので、製造された医薬品は特許によって保護された医薬品と同等の品質のものになります。

 

また、開発費用が一切かからないため、その分のコストを薬に上乗せする必要がありません。したがって、薬を安く製造することができるのです。

 

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

 

ジェネリック医薬品は近年注目を浴びてきたとはいえ、日本での普及率は2割弱と言われています。

 

これは欧米と比較すると半分以下に満たないでしょう。日本では品質が同等なものかを疑う医師も多くいることから、ジェネリック医薬品を処方するのを嫌がる医師も多いようです。

 

品質を客観的に証明することが普及への第一歩と言えます。

 

薬剤師 就職