ドラッグストアの薬と疾病の関係についての基礎知識

風邪とインフルエンザについて解説します。

たいていの方は咳が出るとインフルエンザを疑わずに、大衆薬の風邪薬で済ましてしまう方が多いのではないでしょうか?ただの風邪であればそれでよいかもしれませんが、もしインフルエンザにかかっていたならば大変なことになってしまいます。ここでは、風邪とインフルエンザについて見ていきたいと思います。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

 

風邪とインフルエンザの違いを見分けるには、似ているようで実は似ていない症状をきちんと判断することが重要です。 インフルエンザにかかると、「わずか1〜2日で38度以上の発熱が伴います」。普通の風邪では、急激に、また、ここまで高い熱が出ることはほとんどありません。急激に38度以上の熱が出てしまったら、風邪薬を飲まずにまずは病院に行きましょう。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

 

インフルエンザにかかってしまったら、タミフル・リレンザ・シンメトレルのいずれかを処方されることが多いです。特にタミフルは、最近話題の新型インフルエンザにも聞くとされていますので、これは別のページにて詳細をお伝えいたします。

 

インフルエンザは、@うがいと手洗いの徹底A部屋を適度な温度と湿度にするB外出時はマスクをつける、この3点を普段から心掛けておけば予防することも十分に可能です。

 

薬剤師国家試験