ドラッグストアのインフルエンザにはタミフルが多く処方されますね。

インフルエンザにはタミフルが多く処方されますね。

最近は新型インフルエンザが蔓延しています。その新型インフルエンザに聞くといわれているのが「タミフル」です。ここでは、タミフルの知識について簡潔に説明いたします。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

 

タミフルは、体内でインフルエンザウイルスを増殖させない薬になります。そのため、インフルエンザウイルスの増殖が激しい、症状が出てから48時間以内に服用する必要があります。そのため、症状が出た場合、早めに病院へ行かないとタミフルが使えなくなる可能性が高くなります。また、インフルエンザにはA型・B型・C型がありますが、タミフルはA型とB型にのみ効果を発揮します。 タミフルはカプセル剤であり、1日2回服用します。服用期間は医師の判断によりますが、たいていは5日前後となることが多いようです。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

 

タミフルの副作用は、腹痛や下痢が多いと言われていますが、実際には異常行動も指摘されるようなりました。ただし、治験の段階ではこの副作用は報告されていなかったため、最近になって副作用の1つとして説明書に掲載されるようになりました。ただし、タミフルと異常行動の因果関係については今のところ不明な点が多いというのが現実です。

 

また、タミフルはインフルエンザの予防目的で服用することもできます。これから受験を控えている方にとってはお勧めです。

 

薬局