ドラッグストアの医薬品についての情報ページ

薬についての情報ページ

医療用医薬品を処方してもらうには、原則として処方箋が必要であることは既に述べました。ここでは、よく処方される医療用医薬品について見ていきたいと思います。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

 

まずは抗生物質から見ていきます。抗生物質とは、病気の原因となっている菌を殺すか、または、これ以上菌を増殖させないことによって病気を治療するための薬です。抗生物質は風邪やインフルエンザの際に頻繁に処方されますが、その他にも気管支炎や肺炎など、菌の感染が原因で起こる病気の治療目的で処方されます。抗生物質の効き目は絶大ですが、長期にわたって使用すると効き目が悪くなる傾向にあります。また、下痢などの副作用を伴うことが多いので、整腸剤と一緒に処方されることが一般的です。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

 

続いて、鎮痛薬について見ていきます。鎮痛薬とは、痛みの症状を和らげるための薬です。原則として、痛みが出たときに服用しますので、予防目的で服用することはできません。頭痛薬が代表例ですが、関節痛薬や様々な箇所に効く鎮痛薬もあります。

 

最後に、ホルモン剤について見ていきます。ホルモン剤とは、ホルモンを含む薬剤を指します。ホルモンとは、人の代謝を調節する機能を持つ物質です。ホルモン剤は摂り過ぎると代謝機能がおかしくなるなどの副作用が生じるので、必ず医師の指示に従って使用しましょう。

 

薬剤師 就職