ドラッグストアの医薬部外品についての基礎知識

医薬部外品は穏やかに効果を及ぼすものです。

薬局やドラッグストアに行くと、医薬品のみならず、「医薬部外品」と記載されたものも販売されています。栄養ドリンクが代表例でしょう。ここでは、医薬部外品について見ていきたいと思います。 医薬部外品とは、医薬品ほど人体に対して及ぼす効果は期待できないが、穏やかに効果を及ぼすものを指します。主に、予防目的や健康増進目的の商品が該当します。ただし、医薬部外品は必ずしも人体に使用するものだけが該当するとは限りません。なぜなら、殺虫剤やホウ酸団子などもこれに該当するからです。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

 

医薬部外品は、指定医薬部外品(清涼剤・ビタミン剤・カルシウム剤など)・防除用医薬部外品(殺虫剤・虫除け剤など)・その他医薬部外品(ヘアカラー・生理用ナプキン・歯磨き粉など)に分類できます。 医薬部外品を製造するためには、製造所ごとに医薬部外品製造業許可を取得しなければなりません。また、医薬部外品を製造販売する者は、医薬部外品製造販売業許可を取得しなければなりません。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

これは、医薬部外品の製造過程において安全性を確保する必要があるからだと言われています。そのため、医薬部外品の小売りのみを行う場合は、許可は不要です。ただし、医薬部外品の保管を行うものは製造業免許が必要になるので注意が必要です。

 

薬剤師 募集