ドラッグストアの健康食品とは

医薬部外品とともによく見かけるのが健康食品

薬局やドラッグストアなど、薬を販売している店舗において、医薬部外品とともによく見かけるのが健康食品です。ここでは、健康食品について見ていきたいと思います。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

 

健康食品とは、健康の保持・増進につながる成分を含む食品のことを指します。法律上は薬ではなく、食品に分類されます。そのため、原則として、商品に効用や効能の表示をすることができません。 健康食品はお菓子のような食べ物から、カプセル状の薬に似たものまで非常に様々な形態があります。

 

健康食品のうち、日常生活において不足しがちな栄養素を補うために開発されたものを「サプリメント」と言います。サプリメントの典型例は、ビタミン・ミネラル・たんぱく質・アミノ酸などがありますが、最近では飲むだけでダイエットできることをうたうサプリメントも登場しています。日本では、サプリメント市場は拡大しつつありますが、まだまだアメリカには到底及びそうにありません。なぜなら、アメリカでは医療費が高いため、健康増進や病気予防を目的にサプリメントを利用する人が多いからです。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

 

しかしながら、サプリメントに頼りすぎることは逆に健康を害することになりますので、適度に摂取するように心掛けましょう。

 

薬剤師 転職